ゾウ使い。
『誰も知らない』で一躍有名になった柳楽優弥さんのカンヌ受賞後最新作『星になった少年』の試写会に行ってきました。
(公開は7/16(土)~)
観にいかれる方もいらっしゃるので、内容は伏せますが実在されたの坂本哲夢さんの美しくて、泣ける物語でした。
先日、柳楽さんが実際にタイで2ヶ月撮影してタイ語でコミュニケーションを取れるくらいまでになったなどというエピソードが読売新聞に載っていたのを読みましたが、他人から見たら頑張ってるなぁって思えることを全然そんなふうにとらえていないところが、若いのにエラいわ!
動物モノに弱い&『うるるん』でいつも泣いちゃうのと同じ場面もあり、ウルウルでした(T-T)
わたし、生まれて初めて行った外国がタイでした。
その時にバンコクとチェンマイを訪れましたが、チェンマイでゾウに乗りました~♡その感触、今でも全然忘れてません。それを思い出しちゃったのかも。タイの方々もすごく親切で最初の国にタイを選んでよかったなぁって思いました。
ゾウ(だけではなく他の多くの動物もそうですが)はどんなに遠く離れていても家族や仲間と特殊な周波数で常に対話をしている。人間は言葉があるからこそ逆に自分の思いを伝えられていないことが多いからときどきゾウになりたいといった主人公の言葉にとってもジーン。。。
[PR]
by ponchan1103 | 2005-07-10 22:01 | review
<< アチチ( ; ̄ω ̄)ゞ・・・ ほっとけない世界のまずしさキャ... >>